本文へスキップ


                                             『一原会』 ホームページ
  
福岡県立朝倉高等学校同窓会

    朝倉同窓会       朝倉中学 朝倉高女 甘木高女 朝倉高校

校歌                         
   

『 朝倉高等学校 校歌 』   『 朝倉高等学校 学生歌 』
     作詞  野田 宇太郎 
     作曲  平井 康三郎 
 
一 しらぬひの 筑紫の空に
  古処の峰 今日も高く
  朝倉よ 梅の薫れば
  白金の思ひ つねに明るし
  その裏梅の 形しずかに
  学ばなむ共に 若きわれら
  母校 聖なる朝倉高校
  一 耳納の山の 朝明けや
  清冷の風 混濁の
  闇を流しつ 疾くゆきて
  しののめの雲かかるとき
  いざ眉上げむ 我が友よ
  声高らかに 呼ばむかな
二 丸山の丘は まどかに
  野は広く 道は遥か
  朝倉よ 菜の花咲けば
  黄金なす心 つねに愛あり
  その輝きと望みのなかに
  学ばなむ共に 若きわれら
  母校 幸ある朝倉高校
  二 紫紺にかすむ 筑紫野の
  裏梅薫る 学舎は
  幾俊英の 揺籃ぞ
  蓋世の歌 高らかに
  自由の剣 右手にもち
  左手にかざせ 愛の旗
三 いにしへの 雅びの郷に
  甘木川 水はあらた
  朝倉よ 櫨色づけば
  くれないの力 つねに一原
  その熱をもて 自ら治め
  学ばなむ共に 若きわれら
  母校 愛する朝倉高校

        (昭和三十年制定)
  三 南国の空 いや碧く
  若人の意気 いや高し
  赤き血燃ゆる我が友よ
  或は東 又は西
  勇魚の波をゆくがごと
  青雲の果 覇を遂げむ

       (昭和二十五年制定)
  
  を聴く為にはQuick Time Player が必要です。
  
 『 朝倉中学校 校歌 』     『 朝倉高等女学校 校歌 』
     
一 九天高く聳えたつ
  古処の霊峰影清く
  万頃の田を浸しゆく
  千歳の大河色深し
  見よ正大の気は凝りて
  美はしきかな筑紫野は
  一 菜の花の 窓にうつらう 筑紫野の
  ひろきながめは 果て知らぬ
  師のめぐみかも 朝倉や
  木の丸殿は 名にし負う
  宮居のあとぞ
  ああ畏しこ わが学びや
二 そも西海の一聖地
  神の啓示を身に浴びて
  裏梅の旗ひるがへし
  理想に生くる健児あり
  至誠の火胸愛国の
  思念に燃ゆる朝中魂
  二 白銀の 翼ひろげて 大刀洗
  秋空とべる 飛行機の
  高き直ぐなる 道を経て
  いやうるわしき 小公子と
  言われんものぞ 
  ああうれし わが学びや
           (大正十一年制定)
三 ああ聖代に生を得て
  空しかるべき男子やも
  栄ある過去をかへりみて
  栄ある歴史つくりつつ
  この一原の力もて
  匪躬の節を致さなむ

        (昭和三年制定)
   

朝倉同窓会

〒838-0061
福岡県朝倉市菩提寺 736-3
 朝倉高等学校同窓会会館一原堂内
 同窓会事務局

TEL・FAX 0946-22-5206
 itigendo@aioros.ocn.ne.jp

  急告! ご注意ください!